省エネ・健康・快適な進化型住宅

省エネ・健康・快適な進化型住宅

1 高い基本性能が可能にした「省エネルギー住宅」

冬暖かく、夏涼しい家へ断熱性や気密性に優れ、冷暖房のエネルギー消費による熱負荷を大幅に低減します。また、お部屋のなかの温度ムラや室内の上下温度差が少なくなるため、冬にトイレや風呂が寒い、ということが少なくなり、急激な温度差が原因となるヒートショック対策としても有効な仕様です。

2 高い基本性能があればこその進化「ゼロエネルギーハウス」へ

住宅の躯体・設備の省エネ性能の向上、再生可能エネルギーの活用等により、年間での一次エネルギー消費量がネットで概ねゼロになる、ゼロエネルギーハウスに対応しています。

3 さらに未来基準の「LCCM住宅」にも進化が可能

ゼロエネルギーハウスを超える、LCCM住宅も実現しました。LCCM(※注1)住宅 優れた断熱窓や断熱材で、快適な室内環境を維持します。

※注1
ライフスタイルカーボンマイナス住宅とは?

住宅の長い寿命の中で、建設時、運用時、廃棄時において、できるだけの省CO2に取り組み、かつさらに太陽光発電などを利用した再生可能エネルギーの創出により、住宅建設時のCO2排出量も含め、ライフサイクル全体としてのCO2収支をマイナスにする住宅として提案されたものをいいます。