建物・メンテナンス情報

住宅情報履歴システム(いえかるて)は、施策に基づいたシステムです。

財産の価値を維持するために、お役立ていただけます。

国土交通省/住宅履歴情報の整備検討について(平成19~21年度)

住宅の長寿命化には、適切な点検、補修等の維持管理やリフォーム工事を継続的に行うことが必要であり、そのためには住宅に関する履歴情報が蓄積され、また活用されることが不可欠です。必要な情報を適切に保存し、後世代の人たちも含めて適切に活用できるようにしておくことが、住宅の長寿命化を実現するための必須条件であるといえます。このため、国土交通省では、円滑な住宅流通や計画的な維持管理、災害や事故の際の迅速な対応等を可能とするため、住宅の新築、改修、修繕、点検時等において、設計図書や施工内容等の情報が確実に蓄積され、いつでも活用できる仕組みの整備とその普及を推進しています。

住宅履歴情報(いえかるて)システム

プロパティオン株式会社が管理する住宅履歴情報システム「プロパティオン」に登録されます。 これは、お客様の大切な住まいのあらゆるデータ、住宅履歴情報(いえかるて)をウェブ上で一括管理するためです。 施主様が住宅履歴を蓄積していくことにより、将来のリフォームや修繕計画に役立てていただけます。 また、住まいの点検時期や設備機器などのリコール情報などをメールでお知らせするほか、将来、 ご売却をされる際に必要となる書類の保存や住宅履歴内容のご説明にも役立ちます。

画像
画像

住宅履歴情報の蓄積と活用の仕方

必要なときに適切に対処でき、長く快適に住み続けられます。
住宅履歴情報の蓄積と活用の仕方

住宅履歴情報のメリット

維持管理はもちろん、資産価値などにもメリットがあります。
メリット1

計画的な維持管理

竣工時の仕様の情報や過去に実施された維持管理の情報が明らかなため、必要な維持管理を計画的かつ効率的に実施できます。

メリット2

合理的なリフォーム

住宅履歴情報を活用し修繕、改修・リフォームの計画をたてることができ、的確な予算と工期で希望にかなう合理的なリフォームを実現できます。

メリット3

売買に有利

設計、施工、維持管理等の情報がある住宅は既存住宅として売買するときに、安心・納得して売買できるだけでなく、住宅の資産価値が適切に評価されます。

メリット4

災害時の迅速な対応

災害時に住宅履歴情報に基づいて、迅速かつ適切な復旧が補償できます。また、設備機器等に不都合があった場合の交換等の対応が円滑に実施できます。